2015年02月25日

もししゃべる猫とか飼ってたら「お前がまず最初にやるべき事は過去との決別である、ニャ!」とか言われそう


ちゃららです(*・ω・)ノ


走りたい!走りたい!走りたい!


東京マラソンの応援とか行っちゃったから、色々とみなぎるわけだ。応援しただけなのに、なんだか自分まで速く走れるような気分になっちゃうわけだ。当日はちょっぴりお酒を飲みすぎちゃったからアレだけど、翌日気合入れて走ったわけだ。


結果、やっぱり思う様には走れない・・・


今僕がブランク明けで最初にぶつかってる壁は、自分の想像する走力と実際の走力の乖離だ。一応ブランク明けだって事は意識してジョグとかペース走とかのスピードを走る前に設定しようと試みてるんだけど、それでも思いの外落ちまくってしまってる走力をまだ現実のものとしてしっかり受け止められてない。走れてる頃の残像がまだ残ってる。一番良かった時期の事を、頭はしっかりと覚えてる。


ダウンロード


あの頃は、ハーフまでならサブスリーペースで走れたし、フルマラソンは4分半ちょいのペースで走った。1km全力で走ってみたら、3分20秒くらいでいけた。冷静に考えれば、当時の自分と今の自分が違うんだって事は分かるんだけど、なんだろ、心が付いていってないのかもだけど、ふとした瞬間にあの頃の感覚で走ろうとしてる自分がいるのよ。

直近のレースである別大のハーフまでの記録を基に、ジャックダニエルさんにVDOTを教えてもらったところ、42とか言われた。ジョグとか、キロ6分がお前にはお似合いだ、って言われた。インターバルも4分半でやれ、だって。これって、けっこう屈辱的だったりして。

今の僕はあの頃の僕じゃない。それを、まず認めないとだね。
練習で走る時も設定が厳しすぎて撃沈ばかりしてしまってる現実を、認めないとだね。

認めた上でそれをしっかり受け入れた時、そこが本当のスタートラインになるんだろうね。


しかしさすがにサボりすぎたw 体重もやべーし・・・。まあ落ちるとこまで落ちましたので、あとは上がっていく一方であるという事だけは救いだよね!


てわけで、頑張るのだ(。・ω・)ノ゙

�����祉�������㏍�井�� ������篁���鴻����若�������㏍�� ��������純�潟��


この記事へのコメント

1. Posted by sada   2015年02月25日 08:16
その気持ちよくわかります。
自分も今期最初そうだったし。
でも0から走力上げるより、戻す方が早かったです。
インターバルとか閾値走とか設定タイムあまり落とさず本数とか時間減らすやり方で走力戻しました。
長野までには戻りますよ。
2. Posted by ゆう   2015年02月25日 18:07
完全同意w
3. Posted by ちゃらら   2015年02月26日 22:41
sadaさん☆

走力落ちてるところばっかり目についちゃうんですけど、0から上げるより戻す方が早いってのは確かに事実ですよね~。励みになるお言葉です、ありがとうございます。

長野までにいけるとこまでいきますYO!
4. Posted by ちゃらら   2015年02月26日 22:42
ゆうさん☆

ふふ、ゆうさんそうだろうと思ってました(笑)
まあでもsadaさんのコメントの通り、僕らゼロスタートじゃないですからね~!

頑張りましょう!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字