2014年09月30日

ひでち!ガチ練の話を無理やり二回でまとめてみたけどやっぱり僕はポンコツなんだって思うなう



20131119223912245



注文は今日で締切!東大阪のご機嫌なおっさんに連絡しよう!!!


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


序盤はしばらく僕の隣を元嫁moto嫁さんが併走する形で付いてきたので、ブログからだけでは分からないmotoさん&moto嫁さんのあんな事やこんな事、あらそんな事まで根掘り葉掘り尋ねてみた。恐らくよくしゃべるヤツだなぁうるせえなぁと思いながらだったとは思うけどw、相手をしてくださりありがとうございました。

今回偉そうにペーサーを買って出たはいいものの、僕はほとんどペーサーをした経験がない。僕を支えていたのは、つい先日の丹後で60km地点、碇高原の基点に至るまでの全行程をほぼほぼイーブンキロ6で通して走ったという事実だけだ。そのくせ自分のことを「キロ6のスペシャリスト」とか呼んだりして自分にプレッシャーを与えつつ、失敗できない環境を整えていく。

ペラペラしゃべりつつも、200mおきくらいに時計をチラリとみる事を忘れない。よくよく考えてみたら、何も考えずに走った丹後のキロ6分は、休憩込みのタイムだったから、普通に走ってると少しだけ速くなりそうになってしまう。暑さによりペースが落ちていってしまう事以上に、速くなりすぎないことに気を遣いながら走る。

序盤の5kmくらいはまだみんな余裕があり色々な会話が飛び交っていたんだけど、徐々に暑さに蝕まれてか、口数が減っていく。「うはは、みんな無口でガチ練ぽくっていいっすね~」なんつって軽口を叩いてみても、誰も答えないwww

おおこれは、ガチのガチ練やないか・・・

とまぁ、気丈に振舞ってる僕だって暑いもんは暑い。はっきり言ってキロ6ペースだろうとこのコンディションで30Kはヤバいんじゃないかと少しずつ不安を感じ始めた。YURENIKUIに入れたスポドリも、わずか数十分で半分以下に減っている上にぬるくてたまらない。ふと、他の人は水持ってるんかいの?って気になって聞いてみたら、何も持ってない人もいるじゃないの!10km手前くらいで慌てて自販機で給水休憩を取り、みんなの顔を見渡してみたのだが既に明らかに疲労感がある。あららら、やっぱり今日はヤバイかも。

でも、誰も弱音は吐かない。きっと彼らの前世は侍かなんかだろう。そんな中キツくなり始めてる僕が弱音を吐くわけにはいかないw でも、きっと僕の前世はチワワかなんかだから、本当は弱音を吐きたかったwww 弱音を吐きたくてたまらないチワワペーサーが弱音を吐かない侍集団を引き連れるという矛盾した展開だが、それは結局およそ15kmほど続いた。その状況にピリオドを打ったのは、ちょうど信号待ちをしていた時にかまかまさんから聞いた衝撃の一言だった。

かまかま 「一人いませんね」
ちゃらら  「うそーーーーんwww」

いや、「www」じゃねえから(゚Д゚)ゴルァ!! マジで気付かなかった。コースを折り返してしばらくして、akiさんが遅れ始めてたことにまったく気付けなかったのだ。あの暑さの中だから、いつこういう状況が起きてもおかしくない事はわかってたはずなのに・・・。ペーサー失格すぎる('A`|||)

ここで敢え無く僕はペーサー業務を放棄し、皆には先に行ってもらい迷子捜索のためにコースを戻る。おお、発見!!!ちょっと意味が分からないのだが、具合が悪くなって一度リバースしちゃったんだけど、少し回復したからゆっくりならまだ走れそうということだった。その精神力・・・やっぱりあなた前世は、さむ(ry

この精神力なら取り急ぎ放置していても平気そうなのでw、状況を前を走るグループに報告しに行こうと単独で走る。だけど、ペース良く走ってるみんなに走れども走れども追いつかない・・・。走り始めこそキロ4分くらいで追いかけてたけど、1.5kmくらいで4分半に落ち、2kmくらいでキロ5に落ち・・・。だって・・・暑いんだもん・・・w 局、往復コースだからそのうちみんなに会えるよね~、とあきらめてゆっくり走ることにしてしまった。

一旦ペーサー業務の責任から離れてしまったらもうあとはグダグダw

しばらくakiさんとゆっくり走ってると、おっとーさんも熱中症ぽい症状で撃沈してたので一緒にゆるゆる。さらにしばらくいくとゆるゆるに飽きちゃったので僕だけキロ6集団に再度合流、今度はキミ兄さんに引っ張ってもらうという手抜きっぷりwww そのキロ6集団も開始時よりはるかに人数が減っていたけど、もうよく分からないw

合流した後も人は減り続け、最終的に僕もキミ兄さんにちぎられ、死力の限りを尽くした幕張シーサイドひでち!ガチ練習は幕を閉じることになったのだった・・・w 迷子捜索などを含めて合計32kmちょい。ずーっと海岸線だったからなのか、丹後以上に日焼けして顔のBUFFラインが恥ずかしいことにw

その後は行ける人だけでアフターに行って、まぁ大いに寝たり楽しんだりしたわけなんだけど。


帰りの電車、キミ兄さん&コッコさんとバイバイした市川塩浜~自宅までの通常時およそ徒歩25分の道のりを、なぜか2時間半もかけて帰ったことは内緒ですw 覚えてないけどな、たぶん路上でお昼寝してんwww 


な、ガチ練ダメージやばいやろw
ポンコツですんません!

�����祉�������㏍�井�� ������篁���鴻����若�������㏍�� ��������純�潟��

この記事へのコメント

1. Posted by ミキティ   2014年09月30日 19:02
先日は、どうもありがとうございました。
ちゃららさんには、話し相手になっていただいて、(はじめのうちは)本当に暑さも忘れる楽しいランでした。
ちゃららさん、面白いです。
なんでもない私のことをこんなふうに書いてくれてなんだか恐縮です。
今後ともよろしくお願いいたします。
お幸せに!!
2. Posted by ちゃらら   2014年09月30日 22:46
みーきてぃーいぃぃぃ☆

いや、てかミキティでいいんすか?w
こんな適当にHNを付けてしまってご免なさいって、きっとキミ兄さんも思ってますよwww

何でもないどころか。すごくこれからが楽しみです。
ご近所ランナーのようなものなので、motoさんひっくるめて一緒に遊びましょう!
3. Posted by つく   2014年10月01日 00:22
集団の引率お疲れさまでした~
恒例の寝落ち芸を見ることができて「あ、村に帰ってきたんだな」とホっとしました('∀')
4. Posted by キミ兄   2014年10月01日 11:57
もうミキティでいいってことなんですよね(笑)

いやー、ハードでしたね。
本当は自分もヤバかったです。
練習なんだから、もっと休みを入れながら走ればよかったと反省しきりです。
あそこらへん在住者で、またやりましょう!!
5. Posted by ちゃらら   2014年10月02日 01:03
つくさん☆

マジでお帰りなさい!
あんな程度の寝落ちならいつでもやりますので、いつでもリクエストしてください(笑)
6. Posted by ちゃらら   2014年10月02日 01:06
キミ兄さん☆

そう、休み入れりゃよかったですね(笑)
後からならいくらでも良いアイディア出てくるもんです・・・

あのコース自体はけっこう気に入りましたので、またやりたいですね~!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字