2014年09月28日

前回の記事の最後で思わせぶりな事を申し上げてしまったのかもしれませんがお尻の事を書くに決まってるじゃないですかだって男って生き物はみんな同じでし(ry (丹後レポ6)



20131119223912245



9月30日が最終締め切りですよ~!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


0aa9a993



100kmっていう距離はですね、例え文明の利器である自動車ですとか新幹線ですとかを使用したとしてもそこそこ長い距離なわけ。それをあなた、人間が自分の足だけで移動しようっていうんだからこれはもう、本当に本当に長い距離ですよ。

その距離を、人間の足だけで移動する。

速い人は走る事だけに集中していけるのかもしれないですが、普通のランナーだと13時間だとか14時間という膨大な時間を費やしながらその距離を踏破していくわけだ。とてもじゃないけど、集中力なんて持ちやしない。

近くのランナーとおしゃべりをしたり・・・
エイドのボランティアとバカな話をしたり・・・
美味しいコーラを飲んだり、補給で何か食べたり・・・

気分転換をしながら走って行かないと、普通は無理ね。絶対に無理。

そんな気分転換をしながら走ったとしても、やっぱりレース中盤から後半に差し掛かってくると、周りに話が出来る人がいなくなったり、次のエイドまでの距離が果てしなく感じてしまったり、心が折れそうになってくる場面というのが訪れる。そんな時に僕はどう対処しているのか?

僕の走歴はたかだか2年ちょっとだけど、走っていて辛い時や苦しくなった時、そして走るのにちょっと飽きてきた時に必ず実行することがある。これはウルトラに限らず、いつでもそう。お察しの通りだけどこれだ。


1eaed544-s
ハセツネの応援でも・・・

684f1ce4-s
徹夜明けの練習会でも・・・

c0b48df6-s
故障明けのトレランでも・・・


いつだって僕の前には、お尻がいた。


お尻があれば、何でも出来る!


これはもう、本当究極の真実だ。

47.8km地点、うどんの浅茂川エイドでダラダラしようとしていた僕の目の前をほぼパーフェクトと呼んで差支えないお尻が通過した。そもそも100kmウルトラに参加する女性ランナーは絶対数が少ないうえに、キロ6分少々のペースでフルを超える距離を走る時間帯となると、かなり女性の数は少ない。

このお尻を逃したら次は無い。僕の本能がそう告げていた。

迷いはなかった。僕は気づいたら駆け出していた。チラッとみた感じだとお尻のみならず顔も美人だったから尚更だ。このエイドを出てしばらくの間はフラットな道が続く。今まで苦しめられたアップダウンから解放され、とても良いペースを刻むお尻。丹後の美しい景色はまた見る事が出来るが、きっとこのお尻を眺められる機会は人生の中でも今しかない。

体感でキロ5分ちょいくらい、ウルトラマラソンにしてはかなりのスピードだったがこの機会を逃す訳にはいかないとばかりに付いて行く。1km、2km・・・、僕とお尻のランデブー。余りに接近してしまうと法に触れそうだが、余りに離れてしまうと他のランナーに邪魔されかねない。絶妙な距離感を保ちながらただただ追従する。

長距離を走るストレスから完全に解放される至福の時。

そうこうしていると、先行していたやべっちさんをあっさりと抜き去り、そしてあっと言う間に次のエイドに到着してしまった。パーフェクトなお尻も歩を休めしばし休憩だ。当然僕も休む。飲み物を取り、彼女の動静に気を配りながら休憩をしていると、そこに再びあやたさん、キーキさん、リンさんの三人がいる事に気が付いた。けっこう先にうどんエイドを出発した三人に追いつくとは、やはりかなりのハイペースだ。

ところが話を聞くと雲行きが怪しい。どうやらあやたさんが踵に痛みを発症してしまったらしい。リンさんもハムが痛いとかで、既にロキソニンを服用したとのこと。

マジでか。この二人は団体戦の敵ではあるが、やはり故障は心配だ。まだ半分も過ぎてない所だから無理はしてほしくないぞ。でも、なんて声をかけたらいいものか・・・。しばらく逡巡していた僕だったが、結局発した言葉はこうだった。


「すんません、僕あのお尻が無いと走れないんで先行きますね」


追走してきた彼女がエイドから出発しようとするのを目にした時自然と口から出てきたのだ。これはもう、仕方ない。どーしようもない。本能の叫びだ。至高の尻を逃がす訳にはいかないのだ。お尻があれば何でもできるのだ・・・。

非情にも見えるがこういう選択の一つ一つがウルトラ完走の極意なのだ・・・
そう思う事で自分を正当化しつつ、更に僕の追走は続いた。


�����祉�������㏍�井�� ������篁���鴻����若�������㏍�� ��������純�潟��

soulisforrent at 00:35│Comments(8)2014年丹後100K 

この記事へのコメント

1. Posted by やべっち   2014年09月28日 16:30
え~。そんな女性、気づかなかったなあ。
そういう重要情報はこそっと教えてくれないとw
2. Posted by ファー   2014年09月28日 20:50
キタ!出た!
ゲスい、コスい、うs・・・
あぶねぇ、止まった止まった(笑)
3. Posted by ひよパパ   2014年09月28日 21:11
分かりますこれ。
私はシャンプーの香りおいかけてフルはがんばってますが、今回は前いく女性、香りがしなかったです(笑)
4. Posted by ちゃらら   2014年09月29日 12:05
やべっちさん☆

敵方にそんな情報与えるわけないじゃないですかw
あ~良い尻だったわぁ~www
5. Posted by ちゃらら   2014年09月29日 12:05
ファーくん☆

リクエストどおりやないかい!(笑)
6. Posted by ちゃらら   2014年09月29日 12:06
ひよパパさん☆

香り!香り!すっげー分かりますw
女性って走ってても基本良い匂いなんですよね、マジ不思議。

さすがに100kmだと香りも飛んでしまうんですかね~w
7. Posted by らぴゅたびと   2014年09月30日 00:14
すいません、お昼ご飯食べながら読んだのですけど、噴き出しそうになりました。
やめてくれません。おもしろ過ぎますよw

でも、お気持ちはよく分かります。
やりすぎると捕まるのでほどほどにw

そして、そういうことばかり言ってると仲間を無くすかもしれまいのでほどほどにw
8. Posted by ちゃらら   2014年09月30日 12:23
らぴゆたびとさん☆

丹後ではお会いできませんでしたがお疲れ様でした!初100km完走おめでとうございます(^^)

しんどいときは、書類送検くらいまでは覚悟の上でお尻を追いかけてしまうので(笑)、今後は気を付けようと思います!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字