2014年06月12日

ちゃららの悶絶『ウルトラマラソン660分狂走曲』・・・ってパクってすみません怪盗さん、これ言ってみたかっただけなんですもうしませんから許してください


しかし「怪盗紳士」を「ちゃらら」に置き換えた瞬間に締まり無くなるな~


さて、九月の丹後ウルトラは記念すべき初ウルトラであり、また唯一完走したウルトラだ。

初挑戦となった昨年は4~6月の間絶賛故障中でまともに走る事すら出来ず、またまともにフルマラソンを走り切った経験もなく、100kmという距離を本当に走る事なんて出来るのかどうかも怪しい状態のまま手探り状態で臨んでみたところ、制限時間14時間のところを12時間5分くらいで走り切ってしまうというよく意味の分からない快走を遂げる事が出来た大会。

九月の半ば開催という事もあり「灼熱の丹後」とも呼ばれるこのレースだけど、昨年は台風が直撃したため終始雨(途中大雨)とは言え気温は低く、大変走りやすい環境だった。まあ普通に考えて、台風さえ来なければこの時期だから今年はきっと暑くなるのだろう。

超・長距離を暑さの中走るという行為は先日の河川敷の奇行種たちを見ていて分かったけど相当に、相当にしんどいはずだ。増してや丹後のコースは起伏に富んだ足を苛める系であり、ボスキャラである碇高原の登り坂は晴れれば日影が皆無らしい・・・。雨だったから知らんけどw

とりあえず目標は完走!だった去年と違い、今年はやはり同じ大会に出るという事もあってタイム的な目標を定めたいと思うのだが、はっきり言って気温に相当左右されるであろう事はほぼ間違いない。う~んどうしよ、これどうしよ~って悩んでいるのが段々面倒くさくなってきたので、キリの良い数字でピシャッと行こうかなと。


という訳で・・・

目標を決めたのですが・・・

ピーカンだったら下げる予定だからって予め牽制を入れつつ・・・

ていうか記事タイトルでもうバレちゃってんじゃんって今更ながら気づきつつ・・・





11時間斬りで逝きます。 





キリが良いっつってもサブテンとかは無理ねw
しかしこれでも休憩含めて6'30/kmかぁ~、これしんどいよね結構。

でも去年は10分以上かけたラップが7回もあるんだけど、無駄に休んじゃった感もあるから削って行けるだろうし。コースもなんとなく覚えてるからどこで頑張ってどこで抜くかも若干は分かるし、どういう間隔でエイドが現れるかも分かってるから精神的にも頑張りやすいような気がするので、夏にしっかりとトレーニングを積めれば決して実現不可能ではないと考えている自分がいる。

時期的にまだ目標タイムを決めるのは早すぎるような気もするけど、予めゴールを設定してそこに向かって練習していくっていう作業の方が毎日楽しいからね~。ていうか、まだ脚作りの段階で練習メニューが面白くないからこうやって妄想ばっかして日々を過ごしているのだ。

という訳で今から対丹後ウルトラ・キロ6分ジョグに行って参りますwww


�����祉�������㏍�井�� ������篁���鴻����若�������㏍�� ��������純�潟�� 

たばこやめてから 215時間
得したお金      4140円 


soulisforrent at 23:23│Comments(4)2014年丹後100K 

この記事へのコメント

1. Posted by 怪盗紳士   2014年06月13日 09:55
はっはっは

狂走にしようと思ったこともありました。
過激かなぁと思いやめましたけど。
2. Posted by 季節外れ   2014年06月13日 11:32
そのクラスには、ケツ少ないっすよ
ということで、男子のケツでも萌えるように訓練しましょう(笑)
3. Posted by ちゃらら   2014年06月14日 18:12
怪盗さん☆

無断ですみません(笑)
タイトルが狂走だったら確かに過激っすね~

今回のタイトルも秀逸で好きです!
4. Posted by ちゃらら   2014年06月14日 18:13
季節外れさん☆

それめちゃくちゃ盲点でした
やべ~どうしよう・・・

去年の自分のレポ読んでみたら、けっこう尻に助けられてますもんね。
男のケツかぁ・・・ 練習してみます

コメントする

名前
URL
 
  絵文字